今日はぴょん子がバンバン出ます!

4月1日。

今朝、目を覚ますと、ぴょん子がケージから抜け出して

部屋の中を飛んでいるのでビックリしました。

はい。嘘が下手な よしお です。

エイプリルフールかぃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


さて、人生初と言えば・・・(何の脈絡もないぞ)

私、生まれて初めて、こんなものを買ってしまいました。

ぴょん子170401_00

ぴょん子170401_01


洋書です。

英語の本です。

「えっ! よしおさん、英語が読めるんですね。すご~い!」

と思われたあなた。

残念!

残念なのはお前だよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

学生の頃、最も苦手だったのが英語ってぐらい苦手です。

でも、買っちゃいました。

きっかけは、うさ友のあーちゃんさんのブログに書き込まれてあったコメントです。

あーちゃんさんの愛兎・ごまちゃんがソアホックになってしまいまして

そのことをあーちゃんさんがブログに書かれたところ、訪問者のお一人が、

ソアホックについて、ご自身のブログで書いた記事を紹介されていました。

そちらに飛んで、その記事を読んでみますと、

『野生のうさぎはすぐに逃げられる体勢をとっているので踵を浮かせたつま先立ちで

 いることが多いが、安全が保証されている室内飼いのうさぎは、踵を付けて立ってる

 ことが多いので、ソアホックになりがち。

 姿勢が後ろに下がっているのは、運動不足により背筋が落ちているため。

 また、栄養状態が良く体重過多もソアホックになりがちな要因。』


まとめますと、このように書かれてありました。

なるほど。納得できますね。

この方、よく勉強されてるなぁと思って、他の記事を見てみますと・・・・

なんと、うさぎの雑誌を海外からお取り寄せしているではないですか!

チェッカードジャイアントという5kgぐらいある大型のうさぎさんを飼われている方

なんですけど、22年前のうさぎの雑誌を持っていらっしゃるのでうさ飼いさんとしては

相当なベテランさんで、しかも英語が堪能なようです。

そして「欧米と日本ではうさぎに関する情報に雲泥の差がある」と仰ってますので

海外の雑誌をお取り寄せとなったのも、この方には自然なことのようでした。

そして、それに感化されて、私が人生初の洋書を取り寄せちゃったのも

自然の流れと申しておきましょう。(`・ω・´)

はい。感化されちゃったんです。そういう性格なもんで・・・。(^_^;)

果たして読破できるのか、いや、1ページでも読み進めることができるのか、

乞うご期待!としておきます。

ぴょん子170401_02

タイトルもエイプリルフールでした。(*^▽^*)



★★※※☆☆★★※※☆☆★★※※☆☆★★※※☆☆★★※※☆☆★★※※☆☆★★※※☆☆
スポンサーサイト

コメント

Secret

よしおさんらしいですね^_−☆
その好奇心旺盛なチャレンジ精神なるものさすがです(まるでうさぎの様ですね)
確かに欧米と日本ではうさぎに対する扱いが違いますよね
日本の本は欧米のブリーダーや獣医師が出している本やコメントを本来の意味より濁したり変えたりしているそうです(翻訳すると少しきつめな言い方になるそうです)
あちらの国ではペットの意味合いより家畜の方が強いみたいで、うさぎを心底ペットにしているのは極少数であくまで食用の延長らしいです
その為かな…
本当に可愛いくて子供の様に接している私達には少々理解しがたい部分があり、英文を直読してしまうと少々悲しくなってしまうことがあるかも…
ただ、うさぎ文化は欧米の方が長いので病気関係は◎かと思います

出番の超〜〜少なかったぴょん子ちゃんの為に頑張ってください( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

す、すごいですね!
私は、勿論日本版ですが、エキゾチック臨床を、是非読んでみたいと思っています。でも、すごく数も出ているみたいだし、医学書だし、私には無理かな?と、まだ踏み切れません。
私は、うさぎは飼うのには難しい動物で、自分の中で葛藤もありました。出来る限り一生懸命お世話して勉強して、病気になれば、獣医さんにお任せするしかない。よしおさんは信頼できる獣医さんに巡り会えたみたいですが、私はまだなんですよね(-_-)
よしおさんには、挫折せず、是非この場で、発表して頂きたいです(プレッシャーかけときます!)

エイプリルフールでしたね〜
よしおさんのブログにはだいぶ慣れたつもりでしたが、まだまだ、でした(u_u)

No title

洋書!英語!なるほど・・・
読破されたら要点のアップを記事内でぜひお願いします。

事前にいろいろ調べて実行する慎重派かと思えば読めるかどうか分らない(失礼!)洋書をお取り寄せしたり(^^)

やっぱりなかなかのチャレンジャーなんですね。

チョコママさん、こんにちは。

すごいでしょ?
って、読み切ったらすごいかもしれませんが、買うだけなら誰でも出来ますからね。(^▽^;)
一応、ここまでで分かったことを発表しますと・・・
『google翻訳は、偉大な時と、全然ショボい時と両方ある』ってことです。(^_^;)

エキゾチック臨床?
ぴょん子の先生がブログでたまに話題にしてましたけど、どんな本やらと思い
いまググってみましたが、1冊11,880円!
値段からして完全に獣医さん向けの専門書ですね。
こうなると日本語でも難しかったりしますから躊躇しちゃいますよね。
こういうクソ高い本こそ図書館においてあるといいんですけど・・・・・
んっ?ひょっとしたら置いてあるかな?
と思って検索してきましたら、ちゃんとありました。(*^▽^*)
大型本コーナーに置いてあるから、これまで私の目に留まらなかったみたいです。
今度、行ったら見てきます。

栗色うさこさん、こんにちは。

基本、慎重派なんですが、慣性の法則が働きやすい体質でして
一度勢いが付くと止まらなくなっちゃうんです。(^▽^;)

要点のアップ記事を書きたいとは思ってますが、
今の翻訳ペースからしますと、半年後とかになりそうです。あっはっは!(^▽^;)

No title

じんましんが出そうなくらい見るからに難しそうですよねぇ。
写真もペットうさぎさんと違って専門書っぽい写真だわ^^;
1ページだけでも翻訳大変そうだし、目次が翻訳できればOKってことにしましょうよ!

やそきちさん、こんにちは。

なかなか目ざといですね。
この本は、うさぎの行動やら生態についての本なので、
表紙も野生のうさぎさんみたいです。
間もなくペットうさぎの飼育に関する本が届きますので、
そっちの方が日常的には役立つかもと思ってます。

No title

洋書ですか~。確かに欧米の方がウサギについては
詳しい情報が色々あるのだろうと思います。
英語が読めればいいのにね……そしたらもっとウサギのこと
わかるのにね……私も全く英語出来ない|д゚)

大変遅くなりましたが、ぴょん子ちゃんお迎え4年目おめでとうございます!
(*^-^*)
誕生日も嬉しいけど、お迎え記念日は家族になった日。
また特別な思いがあるんですよね。
ぴょん子ちゃん、やっぱり小さいころは可愛いね~。
ほんと、別物の可愛さ(笑) 小さかったね~。
こんなに小さい子が大きくなって元気でそばにいてくれるって
とっても嬉しいよね。
ずっとずっと一緒にいようね、よしおさん。
パパとずっとずっと一緒にいようね、ぴょん子ちゃん(*^▽^*)

なっちゃんさん、こんにちは。

洋書!
全然進んでません。(ノω・、) ウゥ・・・

お迎え記念日は、ぴょん子を我が家に連れてきた日のことが思い出される特別な日です。
初心に戻り、ぴょん子のことを大切にしようと改めて思わせてくれます。
洋書もそうですが、もっとうさぎさんに関する知識を深めて
末永く幸せにぴょん子と暮らしたいと思います。
プロフィール

山口よしお

Author:山口よしお
名古屋在住のおじさんです。

【当ブログの主役】
 名前:ぴょん子
 種類:ネザーランドドワーフ
 性別:♀
 カラー:オレンジ
 誕生日:2013年2月12日

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR