再検査の驚くべき結果とは・・・!

今日はぴょん子の血液検査の再検査に行ってきました。

前回の血液検査で、問題となっていますALTの値が測定不能となっちゃいまして

その後2倍に希釈して測定した結果340という値が出ましたが

それでも高いことは高いので、もう一回測定してみましょうとなったというわけです。

ぴょん子はいつものように車内ではプルプルと震えてまして、

病院の待合室でもキャリーの中で固まっていました。

それでも採血の時は大人しくちぅ~~~っと血を採られてました。

まぁタオルで簀巻きにされてましたから、大人しくなるしかないんでしょうけどね。

「結果が出るまで、10分ほどお待ち下さい」

と言われ、再び待合室に戻りましたが、10分経っても、20分経っても

なかなか呼ばれません。

やがて「山口さ~ん」と呼ばれて診察室に入って行き、結果を聞きました。

すると・・・・・

なんと!!!!!!!

「測定器が正常に働かなくなっちゃって、いまメーカーと遣り取りしてるんです。」

というお返事。(^_^;)

そんなわけで、夕方に電話で結果を教えていただくことになりました。

そのお陰(?)で、検査料金はタダにしていただきました。ラッキー!?(^▽^;)


こちらは帰路のぴょん子です。

ぴょん子150129_02


待合室にいる時間が長かったので、多少キャリーの中でも落ち着いているのかもしれません。

それでも自宅に戻ると、すぐに隅っこで固まってました。

ぴょん子150129_03


外から帰ってきたときはいつもこうなります。

しかし、こうして固まってる時間は、どんどん短くなってきてまして

以前は30分ぐらいはじっとしていたのですが、今日は10分ぐらいで

手前に見えます牧草をポリポリと食べ始めていました。

外出にも少~~~しずつ慣れてきてるのかもしれません。

やがて落ち着いて眠りに着くぴょん子。

ぴょん子150129_04


キャッチアイはちっこい懐中電灯で入れてみました。

キャッチアイの分からない方はググってみてね。(^▽^;)


さて、それで夕方になってから、動物病院から電話がありました。

問題となっていますALTは178まで下がってました。(*^▽^*)

前回の検査から13日という間しか空いてなく、これといって何かしたわけでもないのに

これだけ数値が変動するんですね。

これまでのALTの変化をグラフにしてみました。

ぴょん子150129_01


肝疾患の指標となる他の数値(GGTとALKP)も合わせて載せてみましたが

ALTは見事にバラついてますねぇ。

基準値は31~53ですが、薬を飲み続けていても、基準値まで下がるってことはなく

また350ぐらいを天井に、それ以上悪化もしないってことかもしれません。

先生も「改善するわけでもないのに、毎月3,000円薬を飲み続けてもらうのは心苦しい」

と仰ってましたが、そうかと言って薬を止めて、何か症状が現れちゃったら

もっと嫌ですから、今後も今の投薬生活を続けていこうと思います。

おそらく、私の勝手な予測ですが、若いうちは症状が出ないんだと思います。

しかし、年を重ねて、体の機能が衰えてきた時に、この肝臓の弱さが原因で

何らかの症状が出ちゃうのかな、と思っています。

(ちなみに症状ってのは「食べなくなる」ことだそうです)

その症状の出ちゃう時期を少しでも遅らせるために、いまのうちから肝臓の働きを助ける

薬を飲み続けるのが必要なのかな、と思ってます。

なお、先生にニンジンの葉っぱの話をしましたが

「高カロリーのおやつならともかく、それが影響してるとは考えにくいです」

と、一蹴されました。(^▽^;)

じゃあ、今日からまたへやんぽの時に、膝の上で食べさせよっと。(*^▽^*)
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

病院通いお疲れ様です。
まだまだ安定しませんねー
しかし病院の測定器はよくぶっこわれますね(^^;

早く数値が安定しますように
お祈り申し上げます

チカチカさん、こんにちは。

先生の見立てでは、肝臓が先天的に弱く、この状態が続くだろうってことです。
ただ、肝機能を示す他の数値は基準範囲内なので、ALTの値だけで一概に病気だとは言えないみたいです。
でも、肝臓の働きが弱いことは確かなようなので、今後もお薬を続けていこうと思います。

測定器は、ちょっと前に新しくしたようで、私が行った時にのみ壊れてるみたいです。
ぴょん子の血に、何か変な物が混じってたりして・・・。(;^_^A

No title

こんばんは^^

よしおさんの入った時だけ測定器が壊れるとは(笑)
ぴょん子ちゃんの肝臓、心配ですね・・・
可愛いうさぎさんが、
健康でいられるよう、
お互い頑張りましょう!

青の前に飼っていたうさぎさん達のケージには、
小窓は有りませんでした。
青は、コンフォート60を使用していますが、
天井、前面、左、右、の、
四方向に小窓があって、
およそ12年ぶりくらいに、
うさぎさんを飼うことにした私は、
最近のうさグッズの機能性の高さに、
とても驚きました^^;

青を入れた後、
こんなところにも窓があるよ〜
なんて、ちょっとよそ見をして、
小窓を開けて娘と話していたら、
気がついたらケージにうさぎがいなくて、
びっくりしました。
青がおうちに来て、
次の日だったのですが、
それ以来、お外が大好きになってしまいました^^;

よしおさんのコメントで、
青のケージに猫が入っても、
青は気にならないのでしょうか?
と、ありましたが、

先ほど、ケージではないのですが、
青が夜になると、いつもくつろいでいる、
白い小さなホットカーペットかあるのですが、

そこで、星がくつろいでいたんです。

そこに青が行ったので、
何をするのか見ていたところ、

星に、邪魔だ、どけ!という意思表示の、
前足でババババッと、
掘り掘りをしました。
そして、星は、
青に猫パンチをくらわしていました^^;

青は一旦、そこを離れリビングに行ったのですが、
しばらくするとまた戻ってきて、
どうなるのかな?と思ったら、
星が青にチューをして、
場所を譲っていました。
まぁ、譲ったと言っても、
そこは青の場所なんですけどね^^;

どうやら、ケージの中よりも、
お部屋の中の、
自分の気に入った場所を、
自分が使いたいと思った時に猫がいると、
怒るみたいです。

昼間はこのホットカーペットは、
使わないというこだわりがあるみたいで、
猫がいても怒りません。

でも、ホットカーペットの隣の箱だけは、
昼夜問わず、誰にも入られたくないみたいです。
私が手を入れると、
怒って頭突きしてきます(笑)

にんじんの葉っぱ、
また心置きなく、あげられますね!
良かったです〜^^

お薬代、月3,000円なんですねぇ。
やめて数値が上がってしまった!
なんてことになったら、
とても悔やまれますし、
それで安心できるなら、
安いものですね!

碧色珊瑚さん、こんにちは。

コンフォート60の小窓となると、高い場所に付いてる小窓ですよね。
そこから脱出したとなると、青くんは将来冒険家になると思います。
ネザー初のチョモランマ登頂とか・・・。(^▽^;)

ぴょん子は、飼い主に似たのか、かなり臆病なんだと思います。
慣れない場所では小さく固まってますし、初めての食べ物もかなり慎重に食べてます。
生まれ持ったもの+育て方で、色々と変わってくるんでしょうね。

青くん、お気に入りの場所は必死で守っているみたいですね。
ぴょん子を買ったお店の店長さんも「ネザーは場所に強いこだわりを持つ」
と言ってましたので、その習性が強く出ているんでしょう。
ちなみにぴょん子は、こだわりの場所はありません。
強いて挙げれば、私と適度な距離を保った場所でしょうか。(;^_^A

お薬!
本当に効果があるのか、1ヶ月飲ませないようにしてから検査をしてみよう
という誘惑に駆られますが、万一のことを考えるとそんな実験をする気は失せます。
うさぎさんは、人間に比べると、おそらくワンちゃんとかと比べても
万一が命取りとなっちゃうことが非常に多い、脆い生き物だと思ってます。
なので、万一に備えて、今後もお薬を続けていこうと考えてます。
プロフィール

山口よしお

Author:山口よしお
名古屋在住のおじさんです。

【当ブログの主役】
 名前:ぴょん子
 種類:ネザーランドドワーフ
 性別:♀
 カラー:オレンジ
 誕生日:2013年2月12日

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR