皆さんもぴょん子を見習って・・・・・・

こんにちは♪

ふと気がつくと、5日ぶりの更新となっていた よしお です。

ぴょん子も私も元気です。(*^▽^*)

今日は皆さんに必要なんだけど、なぜかできないダイエットの話です。

こらっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

人間のダイエットはさておき、ぴょん子のダイエットの話です。

ぴょん子は健康診断で内臓脂肪が見つかってしまい、獣医さんからは

「ペレットを1日15gに どーんと 減らしちゃって下さい」

と言われていました。

しかし、急にどーんと減らすのはちょっと心が痛くて出来ないので

1日1gずつ減らしていくという作戦をとってきました。

食べ放題時代には1日60gぐらい食べていたのを、昨日で18gまで減らしました。

その結果、ぴょん子の体重はこのようになってます。

ぴょん子130930_01
(クリックすると拡大します)

1,300gの寸前で頭打ちとなり、その後1,280g付近で安定していましたが、

4日前からググッと下がってきて、昨夜は1,245gとなってました。

4日前ぐらいからの変化といって思い当たるのは、チモシーが袋の終盤となってきて

細かいものが多くなってきたことでしょうか。

それと糞が気持ち小さくなっているようにも思います。

まぁ、それは4日よりも前からなんですが・・・。

どうも季節の変わり目で、腸の働きが安定していないのかもしれません。

そんなわけで、4日で30gの減少というのが騒ぐほどの話なのかどうか分かりませんが

念のため、当初の予定ならあと3日かけて3g減らしていくペレットを、

しばらく1日18gで様子を見ようと思います。

1,245gでも、もっと減らしていいのかもしれませんが、

急な変化ってのは気持ち悪いですからね。


それから、最近の変化と言いますと、水を飲む量が減ってきました。

水につきましても獣医さんからボトルから器に変更するよう勧められ

しかし器に変えても水を飲む量が増えなかったので再びボトルに戻しました。

ところが、ボトルに戻したら、さらに飲む量が減ってしまい

再度器に戻しました。(忙しいヤツ)

9月上旬のボトルで飲んでいた時 80~90cc
9月中旬に器で飲んでいた時   70~80cc
9日後、再びボトルに戻した時   65~70cc
9月27日(ボトルです)       46cc
ビビって器に戻してから       67~70cc


水を飲む量は、ボトル・器の違いによるものよりも、気温の違いによるものの方が

大きいと思います。

実際、ぴょん子の水を飲む量が減るにつれて、私が麦茶を飲む量も減ってます。(^▽^;)

無理に飲ませる必要があるってほどのレベルでもないですし、

こちらもしばらく様子を見ようと思います。


それでは、お待ちかね(?) スリムになったぴょん子さんです。

ぴょん子130930_02

ぴょん子130930_03


いやいや、分かんないってば。(^▽^;)


《ぴょん子ファーム リターンズ》

再挑戦となったコマツナですが、今回は前回よりも涼しくなったために

発芽は3日目となりました。

ぴょん子130930_04

ぴょん子130930_05

今度こそ立派な小松菜に育ててみたいです。

って、あとは水をやるだけなんだけど・・・。(^_^;)

ちなみに、第一弾のコマツナを庭に移植したものはこうなってます。

ぴょん子130930_06


ちょこっとずつは大きくなっているようです。

でも、今朝見たら、早くも虫に食われてました。

なお、こちらは母が庭に種蒔きしたものです。

ぴょん子130930_07

普段は私よりも圧倒的に几帳面なんですが、種蒔きだけは私のほうが几帳面だったようです。
スポンサーサイト

撮影前に、結界を張ってみました。

こんにちは♪

第一期のコマツナの撤収を決意した よしお です。(-ω-;)ウーン

どう考えても成長が遅すぎます。

おそらくこのまま育ててもひょろひょろの小松菜にしかならないだろうと判断し

もう一度、最初から作り直そうと思います。

とにかく種は使い切れないくらいありますからね。

母と話し合った結果、最も考えられる今回の敗因は「暑さ」だろうとなりまして

次回は2階のベランダではなく、1階のテラスで作ることにしました。

第二期では、必ずやぴょん子に小松菜を届けたいと思います。

しかし、その前に母が庭でコマツナを作り始めちゃいまして、先を越されそうです。

う~ん、アブラムシでもばらまいてやろうかな。

やめいっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


さて、先日私のうさ友さんのムギ子さんが、面白い記事を書いていました。

愛兎のビスコさんは、時間が経って美味しくないチモシーを食べる時と

入れたてほやほやのチモシーを食べる時とで、目の輝きや姿勢などが

全く違うんだそうです。

確かに載っけてある写真を見ますと、一目瞭然です。(記事は こちら

その記事を見て「ぴょん子はそんなことないと思います」とコメントしておきましたが

自信がないので、先ほど確認のため写真を撮ってみました。

残ったチモシーを食べているところに、新しいチモシーを入れて

その前後で写真を撮ってみました。

【残ったチモシーの茎を食べてるぴょん子】
ぴょん子130925_01

【新しく入れたチモシーの葉っぱを食べてるぴょん子】
ぴょん子130925_02


やはり、ほとんど違いがないですね。(^_^;)

ぴょん子は、喜怒哀楽が表情や態度に出ない子なんですね。

へやんぽを強制終了させられてケージに戻されても、大人しくしているような子ですから。

いわゆる「いい子」なんです。(ちょっぴり親バカモード)

さて、そんなぴょん子ですが、新しいチモシーが入って嬉しくないのかと言えば

多分嬉しがっていると思います。

上の写真を撮った後、そのまま引き続き動画を撮影しました。

3分ほどありますが、その映像を (=´ー`)ノどうぞ




撮影後に確認してみますと、最初に食べ始めてからおやすみするまで、

実に10分近く食べ続けていました。

(ぴょん子にとっては過去最長のような気がします。皆さんのうさぎさんはどうですか?)

これを撮影したのは夕方の4時頃でしたから、ちょうどお腹の減っている時間帯

だったかもしれませんが、よく食べてました。

これだけ食べてたってことは、やはり新しい牧草は嬉しかったんだと思います。

えっ? そんなことより、10分近く扉が開いてたのに

一度も出てこようとしなかったことの方が不思議ですか?

扉を中途半端に閉め忘れた時に、外に出てきちゃったことがあったので

これからは開きっぱなしの方がいいのかも。(^▽^;)

今は手作りが基本でしょ。(キリッ)

以前みよっちωさんのブログで、手作りストラップが紹介されていました。

(参考記事はこちら

みよっちωさん情報によりますと100円ショップで売っているということでしたが

名古屋の100円ショップは使えない店が多いのか、

キーホルダータイプのものは売ってましたが、ストラップのものはありませんでした。

そこでこちらを購入しました。

ぴょん子130923_02


amazonで636円です。

100円ショップに比べて割高ですが、専用の用紙もあり、

専用のソフトもありましたので、636円の価値はありました。

どの写真にしようかどうか、あれやこれや吟味した結果

出来上がったのはこちらです。

ぴょん子130923_03

ぴょん子130923_04


携帯に付けるとこんな感じです。(未だにケータイ使ってます)

ぴょん子130923_05


いい感じに出来たと思います。(*^▽^*)



《ぴょん子ファーム 11日目》

くた~っとした子もいて、どうもぴょん子ファームは伸び悩んでいます。

そこでこの日は思い切って間引きをしました。

【間引き前】
ぴょん子130923_06


【間引き後】
ぴょん子130923_07


思い切ったつもりだったけど、出来上がりを見てみますと

まだまだ思いっきりが足りないみたいですね。(^_^;)


《ぴょん子ファーム 12日目》

間引き効果があったのか、元気になりました。

ぴょん子130923_08


と思いきや・・・

ぴょん子130923_09


相変わらずです。

《ぴょん子ファーム13日目》

母が「日差しが強すぎるんじゃない?」と言い出したので、

ぴょん子130923_11


日差しの強い時間帯だけ、遮光ネットで覆ってみました。

また、この日はさらに間引いた上に、移植を試してみました。

並んで育っている元気のいい子に目を付け、ハーゲンダッツのスプーンで

根を傷つけないように掘り出しまして、別の場所に植え替えてみました。

ぴょん子130923_10


植え替えてすぐは、こんな感じに元気にしているように見えたのですが、

4時間後に見に行くと、くた~っとしてました。

やっぱり移植は無謀だったかもしれません。

そう思いながら取りあえず水を掛けておき、しばらくして見に行くと復活してました。

今後どうなるのか彼らには注目です。


《ぴょん子ファーム14日目》

前日の夕方に、それまで水やりを我慢していたんですが、

色々調べてますと、どうやら表面の黒い粒が乾いてきたら水をやってる人もいまして

それで我慢ができなくなり水をたくさんあげました。

そして一夜明けた様子ですが・・・

ぴょん子130923_12

ぴょん子130923_13


移植くんを含めて一応みんな立ってはいました。

しかし、今日で種を蒔いてから2週間ですが、他の方の栽培記録などを見てますと、

ぴょん子ファーム、明らかに発育が遅いです。(-ω-;)ウーン


今回はぴょん子の写真がなかったので、最後におまけです。

「ほえっ?」って顔のぴょん子です。

ぴょん子130923_01

シルエットがちょうど丸っこくなってるし、これをストラップにしてもよかったかも。(^▽^;)

でも、うさぎさんにモチをあげちゃダメですよ。

今日はぴょん子の寝顔を楽しんでいただこうと思います。

こちらはお昼寝中のぴょん子です。

ぴょん子130921_05


寝ているので、扉を開けても全く反応がありません。

ぴょん子130921_04


動く気配がないですね。(^▽^;)

あっ! ここで寝返りをうちました。

ぴょん子130921_02

ぴょん子130921_03


たまにパチっと目を開けたりします。

ぴょん子130921_01


それにしても可愛い寝顔です。

ぴょん子130921_06


我が子の可愛い寝顔が見られて、パパは幸せです。(*^▽^*)


《ぴょん子ファーム 9日目》

ぴょん子ファーム130921_01


この日は初の間引きをしました。

まだ育っていない感じのところはそっとしておきまして、

密集してる感じのところだけ間引きをしました。

【間引き前】
ぴょん子ファーム130921_02


【間引き後】
ぴょん子ファーム130921_03


小心者なので、ビビってあまり間引けませんでした。(^_^;)

育ちしだい、順次間引いていこうと思います。

《ぴょん子ファーム 10日目》

ぴょん子ファーム130921_04


いつもは朝に写真を撮っているのですが、珍しく3時に撮りました。

しましまになっているのは、ベランダの手すりの影です。

一番育っているぴょん子ファームのホープはこの子です。

ぴょん子ファーム130921_06


しかし、中にはこんな子もいまして・・・

ぴょん子ファーム130921_07


類は友を呼ぶのか、育つ子の近くには育ってる子が多く、

へたっとしてる子の近くには、へたってる子が集まっています。

間引きをする時に、へたった子を全部間引いちゃって、

そこに元気な子を移植できないんでしょうかねぇ。

ダメ元でひとつぐらい試してみます。


 ~ おまけ ~

十五夜のお月様です。

ぴょん子130921_10


耳と頭はなんとなく分かりますが、どうしてこれが餅つきの絵に見えるのか

昔から疑問に思っています。

それで調べてみたんですが、世界には色んな見方があるようです。

http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html

東ヨーロッパの横向きの女性という説は「なるほど」と思いましたが・・・・

やっぱりうさぎの餅つきがおとぎ話のようで一番いいですね。(^▽^;)

こんばんは♪

今でも、毎晩ぴょん子のブラッシングをしている よしお です。

全然、換毛が終わりません。

それどころか新しい換毛が始まってきたのか、角度によっては目立たないのですが、

ぴょん子の額に再びUの字が見え始めています。

ぴょん子130919_01


果たして私はいつまでブラッシングをすればよいのでしょうか。


ところで、読者さまの中には「最近目尻のシワが気になって・・・」という

私の姉やYきちさんのような方もいらっしゃると思いますが・・・

ごるぁ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

最近のぴょん子は、目頭のシワが気になります。

こちらです。

ぴょん子130919_02

ぴょん子130919_03

ぴょん子130919_04

ぴょん子130919_05


皆さんのうさぎさんには、こんなヒビ割れのようなシワはありますでしょうか?

まさか、病気ってことはないですよね。


《ぴょん子ファーム 8日目》

ぴょん子130919_06


教科書(JAさがのページ)によれば、種蒔きから1週間から10日前後で

1回目の間引きをすることになってますから、そろそろ間引きの時期です。

しかし、教科書に載ってる写真ほど、まだ双葉が大きく開いていない感じがします。

それに、場所によって成長が違ってまして

ぴょん子130919_07


これぐらい育っているところもあれば・・・

ぴょん子130919_08


この程度にしか育っていないところもあります。

発芽までは幸先が良かったのですが、ちょっとペースダウンかも。

母が言うには「水のやりすぎ」だそうですが、

調べてみますと、芽が出た直後というのは、根が水分を求めて下に伸びていく

時期だそうで、この時に水をやりすぎると、根が伸びようとしなくなり

大きく育たなくなることがあるそうです。

また、水を頻繁に与えると土が固くなってきて、空気がなくなるので

たまに土をほぐしてやらないといけない、と書いてありました。

素人考えで「水が足りないよりも、あった方がいいだろう」と判断し

あまり表面が乾いてなくても水をやっていたので、それが良くなかったかもしれません。

明日からは少し自粛しようと思います。

ぴょん子の水飲み問題

今日は、イオンまで夏物半額処分セールに行ってきました。

私って、若い頃から着るものに無頓着なんです。

自分を着飾って何が嬉しいのかよく分からん、という人種です。

流行とか「何それ?」って人なので、、来年着る夏の服を、今日買いに行ってきました。

当然選択肢が少なくなってますから気に入ったものを選ぶことが出来ませんが

その中からこちらの半袖シャツを買ってきました。

ぴょん子130917_04


右の無地は、いかにも自分が買いそうなものですが、

左のチェックは、妥協の産物です。

さて、お値段ですが、半額処分セールっていうくらいですから

定価の半額の値段になってまして、\1,980という定価の上に

\1,500 のシールが貼られ、さらにその上に\1,000 のシールが貼ってありました。

ところが!

これをレジに持っていくと、さらに半額!

なんと1着500円で買ってくることができました。

こんなに安く売って、イオン大丈夫か?

潰れても僕のせいじゃないからね~。(^▽^;)


さて、いよいよ本題のぴょん子の水飲み問題ですが、

先日の健康診断で水分摂取量が少ないという指摘から、容器で水を飲ませることを

勧められまして、4日前から実行しています。

こちらは4日前の、初めて水飲み容器をケージに入れてみた時の写真ですが、

ぴょん子さん、まずは容器自体を警戒します。

ぴょん子130917_03


次第に水に近寄って行きます。

ぴょん子130917_01


そして・・・

ぴょん子130917_02


ペチャペチャと音を立てながら飲んでました。

もっと警戒するものかと思ってましたら、すぐに水を飲み始めまして

警戒心の強いぴょん子にしてはちょっと意外でした。

それから4日間、今までのボトルと一緒にこの容器も準備するようになったのですが、

ボトルからは1滴も飲まなくなりました。

今朝、何かの気まぐれで、ちょこっとボトルから飲んでたみたいですが、

ボトルよりも容器からの方が飲みやすいのは明らかでした。

これなら水を飲む量も増えているんだろうなぁ

と思って、量った数字を見比べて見ますと・・・

ボトルから飲んでいた9/6~9/12の平均摂取量 85.4cc
容器から飲んでいた9/13~9/16の平均摂取量  84.3cc


全然、差がありません。

う~ん、これだったら衛生面で有利なボトルのままでいいかも。

水の入った容器に手をジャボンとつけちゃうこともあるし、

半日経って水を変えようとする時、表面にぴょん子の毛が5~6本漂ってるし・・・。

もうしばらく両方セットしておきますが、このまま水を飲む量が増えない場合は

再びボトルのみに戻そうと思ってます。


《ぴょん子ファーム 5日目》

台風がやってくるということで昨夜から室内に避難させておきました。

ぴょん子ファーム130917_01


芽は、にょきにょきと背が高くなってきました。

ぴょん子ファーム130917_02


きれいに揃って、太陽の方向に向かって生えているのが微笑ましいです。

この日は天気予報どおり雨でして、我が家の近くもかなり強い雨でした。

ぴょん子ファーム130917_03


雰囲気伝わるでしょうか。

台風自体は愛知県に上陸したのに、被害は京都の方が大きかったようで

台風ってのも難しいものです。

なお、この日は水やりはしませんでした。


《ぴょん子ファーム 6日目》

さすがに6日目となると、5日目との違いが分かりづらくなってきます。

ぴょん子ファーム130917_04

ぴょん子ファーム130917_05


昨日は雨で太陽に当たっていなかったから、あまり育たなかったのかもしれません。

まぁ、でも、虫食いもなく、順調に育っています。

ところで、ぴょん子ファームに期待の新人が入ってきました。

ぴょん子ファーム130917_06


ダイソーで210円で買ってきました。(^_^;)

今朝は、土の表面が乾いているところもあれば、湿っているところもありという状態でしたので

少し水をまいておきました。

新人君の初仕事でした。

コマツナ と 発情うさぎ

《ぴょん子ファーム 4日目》

予想どおり、蒔いた種のほとんどから芽が出てきました。

ぴょん子130915_02


土の乾き具合を確認するために、だいたい半日に一度見ているんですが

見るたびに成長しています。(*^▽^*)

このスピードはうさぎさん以上でしょうね。

今日は雨が強く降ると予想されていましたから(結局はたいして降らなかった)

軒下に避難させておきました。

ぴょん子130915_01


そして今夜遅くから明日のお昼ぐらいまでは、台風の影響で

雨と風が強くなりそうです。

そのため部屋の中に避難させておきました。

コマツナさんに至れり尽せりです。(^_^;)


さて、当ブログの主役の座をコマツナに奪われてしまったぴょん子ですが

ちゃんと元気にしてます。

こちらは昨夜のへやんぽの様子です。

あれからカクカクはさせていませんが、相変わらず私の腕にまとわりついてきます。



嬉しいんですが、あまりやらせ過ぎちゃってもよくないようですし、

複雑な心境で見守っています。

ちなみに、1時間ほどのへやんぽ時間中、腕にまとわりついてくるのは

最初の20分ぐらいで、徐々に落ち着いてきてゴロンチョしたり、

うたた寝ハウスを食べたりしてます。

発情状態でも、短い周期で高まったり落ち着いたりするってことなんでしょうかね。

ペレット量についての考察 ~ こんな感じでどうよ、うさ森さん ~

ぴょん子の健康診断を終えて、ペレット量について何件かコメントを頂き、

改めてこの問題について考えてみました。

うさぎの飼育にあたって、このペレット量をどうするかについて2つの問題があります。

① 体重の何%を与えるのか。

② 成長期は食べ放題にするのか、食餌制限をするのか。

まず①の何%にするか問題ですが、うさぎの森さんでは1.25%(前々回の記事で1.5%

と書いてしまいましたが、こちらが正解です)さかい動物病院では数量指定の15gと

言われました。(1,200gを理想体重とするなら、答えはどちらも同じ)

そして世の中には、1.5%だったり、3%だったり、さらにはそれ以上だったりと説があります。

飼育前に本を読んでいた時は、どうしてよいのやらサッパリな感じでしたが、

最近どうすればよいか、自分なりの結論がでました。

目的は、無駄な脂肪をつけずに、逆に痩せすぎにならないようにすることです。

そのためにどうするかなんですが、「十兎十色」の原則からしますと

その数字は、体重によって一律に決められるようなものではないと思います。

ある子にとっては、1.5%が正解であり、他の子にとっては3%が正解になると思うんです。

その平均的な数字が、1.5%だと考える人や、3%だと考える人がいるってことなので

自分のうさぎについて何%が正解かは、その子次第だと思います。

なので、飼い主が「こんなもんが適当だろう」と判断した一定量を与え続け

そして健康診断で問題があれば、増やしたり減らしたりと微調整をして

その子にとって正解となる量を見つけていくしかないと考えています。

また、その量も、年齢とか去勢・避妊手術を受けることによって変化していくでしょうし、

絶えずチェックしていく必要があるんだと思います。

それからそもそもペレットの種類によっても1gあたりのカロリーは違ってるでしょうしね。

結論:ペレットは何%が良いのか全うさぎ共通に当てはまる正解があるわけではなく、
   その子にとっての正解を見つけていくものです。


続きまして②の食べ放題問題ですが、こちらは食べ放題という説が主流だと思います。

うさ森さんからもさかい先生からもそう指導を受けましたので、私もそうしてきました。

その結果が「ちょっと脂肪がついてますねぇ」です。

そうなると食べ放題というのは間違いだったのでしょうか。

厳密に言えば、間違いだと思います。

成長期でも、必要なカロリーというのは無限大なわけはなく、

余分なカロリーを摂取すれば脂肪になって蓄積されるんでしょう。

人間のガキンチョでも無駄にブクブクした子がいるのと同じでしょう。

しかし! もっと深刻な問題になるのは、これの逆パターンです。

成長期に食餌制限をしてカロリー不足になったらどうなるかです。

ただでさえうさぎさんは骨がもろいのですが、より一層骨格の弱い子になっちゃうでしょう。

そして、6ヶ月を過ぎた時にそうなってしまっていたら、

もうその時点ではリカバリーが出来ないってことです。(←私の想像ですよ。(^_^;)

ちょっとした肥満なら、その後の食事制限で脂肪を減らすことは

さほど難しい話ではありません。

また、神のみぞ知るかのような必要カロリーを計算して、本当に必要な量のペレットだけを

与えるなんてことは現実的には不可能です。

そこで、弱い子になっちゃう危険を避けるために、多少肥満になる可能性はあるだろうけど

成長期は食べ放題で育てたほうが安全だ、ということで、食べ放題という方法が

一般的に広まったのではないでしょうか。

結論:成長期は体の弱い子にならないよう、肥満のリスクをとってでも食べ放題で育てましょう。


あの~、ひょっとして初めてこのブログを見てる方が、万一いないとも限らないので

お伝えしておきますが、私、うさぎを1匹飼ってるだけのただのオッサンですからね。(^_^;)

鵜呑みにして信じないで下さいね。

単なる参考意見と捉え、ご自身で考えて、ご自身で結論を出して下さい。


ちょっと堅い話になってしまいましたので、後半はやわかくぴょん子ファームの話題です。

《ぴょん子ファーム2日目》

種を蒔いてから1日経った朝の写真です。

ぴょん子130914_01


もちろん、何の変化もありません。あったら逆に怖いですね。

意外にも土の表面が乾いていなかったので水はやりませんでした。

《ぴょん子ファーム3日目》

種を蒔いてから2日経った朝の写真です。

ぴょん子130914_02


まだ何の変化もありません。種の入ってた袋には発芽日数3日~5日ってありましたからね。

と、思ったら・・・・

ぴょん子130914_03


ォ━━ヾ(o・∀・o)ノ゙━━オ!!

早くも芽が出てるじゃないですか!

母が言うには「水をたっぷり与えたからじゃないかね」だそうで、

種って水分を吸収して表面の皮を破り、そして芽が出てくるそうなんですが

その水分が多かったために早く発芽したのではないかということです。

(皮の堅い種の場合、種まきの前日に水につけておくという方法もあるそうです。)

こうやってすぐに変化が現れてきますと、育てがいってものが出てきますよね。

明日には、プランター一面芽でいっぱいという絵をお届けできると思います。(*^▽^*)

ちなみに今朝は水をやりました。

ジョウロで少しまいただけで(500cc?1L?)底から水が出てきました。

一日前にも思いましたが、それほど土って乾かないものみたいです。

ぴょん子ファーム、始まりました。

《ぴょん子ファーム 1日目》

コマツナの種まきを、予定通り9月12日に行いました。

思っていたよりも簡単でした。

まずは、プランターに鉢底石を入れます。

ぴょん子ファーム130913_01


次にその上に培養土を入れます。

ぴょん子ファーム130913_02


ここで種を用意します。

ぴょん子ファーム130913_03


これがコマツナの種なんですが、実にちっちゃいです。

比較対象がないと分かりづらいので私の指を一緒に撮りますと・・・

ぴょん子ファーム130913_04


直径1mmぐらいですね。

さて、これを蒔くのですが、そのための溝を作ります。

ぴょん子130913_08


培養土が粒状のものなので実に分かりにくいですが、2本溝を作りました。

そして、その溝に1cm間隔ぐらいに蒔きました。

と言っても、種がちっちゃく指が太いのでいい加減なものです。

蒔き終わったら土を被せておきます。

この状態にしてから、設置場所のベランダへと移します。

ぴょん子ファーム130913_06


左にちょこっと見えるのは、ぴょん子のおトイレですね。(^_^;)

部屋の床とベランダとでは、50cmほどの差がありますので、

間引きなどの作業が、腰をかがめずに出来ますので楽だと思います。

そして、次は水やりです。下の穴から水が出てくるまで与えます。

一度にやると種が流れちゃうので、ゆっくりと少しずつやります。

しかし、そこは素人。一瞬水がダバダバという状態になったりしてまして

ひょっとしたら、いくらか種が流れちゃったかもしれません。

そこで母から教わったんですが、種蒔きをする前に水をやっておいた方が

種が流れる心配がなくて良かったようです。

第2弾ではそうしたいと思います。

さて、結構な量の水をまいたら、最後に防虫ネットをかけます。

ぴょん子ファーム130913_07


はい。これで完成。

作業時間としては1時間も掛かってませんでした。

この時期は3日~5日で発芽するそうです。

ぴょん子、美味しい小松菜を作るから、楽しみに待っててね。

ぴょん子130913_09


ぴょん子はペレットと牧草以外食べたことがないから分かんないよね。(^_^;)

ぴょん子が喜んで食べてくれることを夢見て、コマツナ栽培に励もうと思います。


ところで・・・・

買ってきたコマツナの種ですが、このプランターで作ってたら10回ぐらいは作れそうです。もっとかな?

そしてその頃には期限切れとなってますので、余りまくりそうです。

コマツナの種を欲しい方、取りに来られれば差し上げます。(^_^;)

健康診断

昨日、再び病院に行ってきました。

まず「ギョウ虫出ない問題」の件ですが、

どうやらギョウ虫の数が少ないと、薬で溶けて目で見ても分からなくなるそうなんです。

おそらくぴょん子もそういうことだったんだと思われます。

それで、念のためもう一回薬を飲ませて、再び目に見えるほど出てこなかったら

その時点で完了ということになりました。

取りあえず今朝のチェックでは、やはり何も見つかりませんでしたので、

多分OKだと思います。

それで、昨日は併せて健康診断もしてきました。

行ったのは血液検査とレントゲン検査です。

ぴょん子は相当嫌がっていたようで「嫌だ、嫌だ!」とアピールしますが

タオルでくるまれたりして固定されると渋々血を抜かれたり

レントゲン撮影をされていました。

結果が出るまで待合室で待機となったんですが、その間もぴょん子は

小さく固まって震えてました。(かわいそぅ)

それで、検査結果ですが、血液検査では要チェックの異常値が2つほどありました。

1つ目は、本来2桁であって欲しいALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)という

値なんですが、ぴょん子は151と高かったです。

ただし、肝臓の機能を調べる他の値(GGTとALKP)が正常値なので

すぐに肝臓の病気とは判断せず経過観察項目となりました。

次回の血液検査で下がっていることを期待しましょう。(と言っても1年後)

2つ目は、HCT(ヘマトクリット)という値なんですが、こちらは正常値だったんですが

正常範囲のほぼ上限でした。

これは血液が濃いことを意味し、脱水症状の危険性が考えれるそうです。

このことから先生は、うさぎが水を気軽に飲みたいだけ飲めているかどうか疑問だと

仰ってまして、勉強会でも勧められました給水ボトルから器への変更を勧められました。

勉強会の時は、主に年をとったときに首を上げるのが辛くなって給水ボトルからでは

水が飲めなくなる、という理由で勧めていたのですが、その時は

「だったら年をとる少し前ぐらいから変更すればいいじゃん」と考えスルーしてました。

しかし、血液検査の結果でこう出ちゃいますと、ちょっと考えざるを得ないですね。

一度ボトルと器を併設してみて、飲む水の量が多くなるのかどうか確認してみようと思います。

現在ぴょん子は1日80ccほど水を飲んでますが(まだちゃんと毎日量ってます)

これよりも多くなったら器にしますし、同じぐらいだったらこのままボトルで

いこうと思います。衛生的なことを考えたらボトルの方が良いですからね。

それから他の異常値としては、血糖値が正常値の2倍ぐらいありました。

しかし、これは検査によってぴょん子が驚いたために一時的に上がったと考えられるそうです。

ここから考えられるのは「警戒心が強い子です」だそうです。

いや、それは検査されなくても分かってました。(^▽^;)


続きましてレントゲンの結果ですが、歯は問題なし。関節・背骨など骨格も問題なし。

「きれいなもんです」と褒められ(?)ました。

しかし、唯一指摘された点がありまして、それは内臓脂肪です。レントゲン写真を見ながら

「これ内臓脂肪なんですよ。ちょっと体重を落としてもいいかなぁって感じですね。」

と言われました。

私は前々から豆助君に比べて(なぜか比較の対象)おなかがポコンとしてると

思ってたんですよ。やはりそうでした。

いまぴょん子のペレット量は、うさ森さんの指導のもと、体重の1.5%に向けて

毎週5gずつ減らしている最中で、今週は35gです。

その話をしますと「本人は欲しがりますけど、強制的に15gにドーンと減らしちゃっても

いいですよ」とのこと。

さすがにドーンは可哀想すぎて私の心の問題で出来ませんが、もうちょっと減らすペースを

早めてもいいのかもしれません。

それでは、うさ森さんとさかい先生の両方の顔を立てて5日で5gずつ減らしていきましょう。

以前、とあるうさぎ専門店の店員さんから

「ペットショップの考える理想の体型と獣医さんの考える理想の体型は違いますね。
 獣医さんの方がスリム体型を好みますね。」

という話を伺ったことがあります。

なのでさかい先生からも、この状態が別に異常ってわけではないと言われました。

このままの状態で飼ってる人はいくらでもいるでしょう、と。

しかし、折角ここまでの健康診断をしたのなら、理想の健康状態を求めて

減量したり、水を飲ませるようにしてはどうですか、と話をされました。

仰るとおりです。

なんせこの健康診断、7,000円もかかってるんですからね。

調べるだけ調べて何もしないんじゃ、もったいないでしょ。

えっ!? そういう問題じゃないですか。(^_^;)

お金の問題はともかく、私はぴょん子に少しでも健康に長生きしてもらいたいので

獣医さんの理想体型を目指すようにします。

ぴょん子は、磯山さやかみたいにぽっちゃりを売りにしてる子でもないですしね。(^▽^;)


そんなわけで、細かい問題はありましたが、全体的には健康体でいるようで安心しました。

実は、この日、病院に出かける直前、ぴょん子がなかなかケージからキャリーに移って

くれなくて(ケージとキャリーの出入口をくっつけると、勝手に移動することがあるんです)

仕方なくケージの上の扉から抱っこしようとしたのですが、なかなか捕まってくれず、

逃げ回ってる時に、ちょっと強くケージの柵にぶつかったんです。

「おわっ!ぴょん子、大丈夫?」と思わず言っちゃうぐらいに。

なのでレントゲンを撮って

「あれっ? 左腕が骨折してますねぇ」

と言われないかヒヤヒヤしてました。(;^_^A

前回初めて病院に行った時に「少しは車に慣れてきたかもしれません」と書いて

しまいましたが、今回は出掛けにそんなことがあったからか、小さく固まって

引きつったような顔をして震えてました。

ぴょん子130912_02


今回は検査に投薬で散々な目に遭いましたし、ぴょん子、ますますお出掛け嫌いになりそうです。


《おまけ》

こちら、ぴょん子の診察券です。

ぴょん子130912_01


キリ番、ゲーーーーーット! ヾ(*^▽^*)ノ

ぴょん子ファーム、間もなく始動!

ぴょん子ファーム、いよいよ始まります。

必要なものは全て新たに揃えました。

「男の人の作る料理」みたいに、レシピに書いてある材料をそのまま買ってきて

書いてあるとおりに作ろうとしてます。

まず、揃えたものはこちらです。

プランター:アップルウェアー ファームプランター55型 540円
ぴょん子ファーム130911_02


プランタープレート:アップルウェアー プランター受け皿ワイド65型 530円
ぴょん子ファーム130911_01


防虫ネット:アップルウェアー 支柱付き防虫・防鳥ネット 477円
ぴょん子ファーム130911_06



培養土:LIFELEX 花と野菜の粒状培養土 14L 498円
ぴょん子ファーム130911_05



鉢底石:プロトリーフ かる~い鉢底石 5L 598円
ぴょん子ファーム130911_04



コマツナの種:タキイ種苗 極楽天 235円
ぴょん子ファーム130911_03


こちらは唯一の流用品 すのこ 0円
ぴょん子ファーム130911_06



そして、教科書として、こちらのサイトを参考にすることにしました。

Yu-Rinのプランター菜園ぶろぐ http://p1anter.blog93.fc2.com/

 情報量が豊富で、素人さんにも分かりやすいです。

JAさが http://jasaga.or.jp/s/agriculture/douga/09/0910/index

 動画があるので、分かりやすいです。


準備万端ですから、明日ぴょん子の生後7ヶ月目の日に種まきをしたいと思います。

明日から当ブログのタイトルは 『おじさん、小松菜を育てる』 に変更・・・・

すなっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


これで今日はおしまいって言うと、ぴょん子ファンの方に怒られますので、

ぴょん子をちょこっと。

どこのうさぎさんも同じだとは思いますが、寝るのに一番お気に入りの場所ってのが

ありますよね。ぴょん子の場合は、ここです。

ぴょん子130911_01


これは、今日のお昼に撮ったものですが、こんな感じで寝てます。

パッチリ目を開けてますが、ほとんど動かないので、多分寝てます。

あっ、扉が邪魔ですか。それでは開けてみましょうか。

ぴょん子130911_02


おっと!いきなり出てこようとしちゃいました。

本当に寝てたのか怪しいもんですね。(;^_^A

扉を閉めると、お利口ぴょん子さんは、扉をくわえて出せ出せアピールをすることもなく

大人しくチモシーを食べ始めました。

ぴょん子130911_03

ぴょん子130911_04


食べてる時なら、扉を開けても大丈夫かな?

ぴょん子130911_05


ちっとも大丈夫じゃなかったです。(^_^;)

なお、ちなみにお利口さんだからなのか、ビビリだからなのか分かりませんが

顔を外に出そうとはしますが、マジで出てこようとはしません。


今日は、夕方から病院に行ってきます。

結局、虫下しでは何も出ませんでした。

どんな話になるのやら、行ってからのお楽しみとしておきます。 

若い頃苦労を買ってまでもしなかったので、いま苦労してます。

こんにちは。 よしお です。

気付いたら4日ぶりの更新となってました。

別に何があったというわけでもなく、読書をしてました。

私ってば、一度に二つのことができない性格で、

本を読むとなったら、本を読むこと以外のことができなくなるんです。

そんなわけで、本を読んで過ごしていただけで、私もぴょん子も元気です。

ぴょん子のギョウ虫問題ですが、依然として全く何も出てこないままです。

次回病院に行ったらどういう話になるのかちょっと楽しみです。

体重は、ペレット減量の効果もあるのか、増加傾向は緩やかになってきました。

はい。緩やかになってきただけで、まだ増えています。

昨夜量ったときには、1,298gと大台まであと2gです。

まぁちょっと大きいからといって可愛いことには変わりなく、

手術にも耐えうる体力がついたと前向きに捉えて、最近は気にしなくなりました。

あっ、そうそう。

大きくなったことの変化ですが、ナデナデしていて気持ちよくなった時の

歯を鳴らす音が大きくなりました。

以前はコリコリっと小さな音がしていましたが、

最近はコッコッと結構大きい音をさせるようになりました。

ちょうどその映像を撮ってみましたので、お聞きください。






久しぶりの記事がこんなんで、すいません。<(_ _)>

明日からは、ちゃんとした記事を書くようにします。

ちなみに、実際のコツコツ音は大きくなったのかどうかと言いますと、

あったとしてもあまりにわずかな差なので、よく分かりません。(^_^;)

以前は一度にチモシーを1本ずつしか食べられなかったお口が、

今では3本ぐらいまとめて食べてることがありますので、

いくらかは大きくなってるかもしれません。


さらに、ちなみに、上の映像はテイク5のものです。

最初のテイクは、私がコツコツと歯を鳴らすたびに、ぴょん子が「何っ?」って

反応しちゃってうまく撮れませんでした。

ぴょん子が慣れてからテイク3と4でしたが、私が口元を上手く撮れずに

結局テイク5でOKが出ました。

こんなくだらない映像でも、結構苦労してるんですよ。

その苦労、他で使えっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

病院デビュー

昨日、初めて病院に行ってきました。

「うさぎとカフェの講習会で講師をされていた先生のところ」

と言っちゃってるので名前を出したも同然ですから書いちゃいますが

名古屋のさかい動物病院ってところです。

場所は、名古屋の真ん中よりちょっと北って位置です。

私の家は、名古屋の東寄りにありまして、車で行きは25分

帰りは20分かかりました。(街中を走るので信号待ちの都合で随分変わります)

ぴょん子にとっては過去最長のドライブです。

って、これまではうさぎの森にしか行ってませんからね。(^_^;)

「車の中では、また固まってるのかな?」と思いキャリーの中を信号待ちの時に

覗いてみますと、以前よりは動きがあり、少しは車に慣れてきたかもしれません。

私にとっても動物病院ってのは人生初でして、ちょっと緊張しながら入ってみましたが

予想したよりも狭いところでした。

扱っている90%がうさぎだから、それに合わせたの?

って、ないない。(^▽^;)

8人ぐらい座れる椅子がありましたが、8人座っちゃうと酸素が薄くなりそうな待合室でした。

ちょうど診察の終わったうさぎさんが1匹いるだけでして、すぐに名前を呼ばれ

診察室に入っていきました。

当初は健康診断をするつもりでいたのですが、以前こちらに電話をした際に

ギョウ虫の話をすると、先にその駆除をしましょうと言われましたので

今回は簡単なボディチェックをしてから、ギョウ虫対策となりました。

まずボディチェックでは、口の中に器具を入れて奥歯を診て(ぴょん子、嫌がる嫌がる)

目をパチっと開かせて目の検査(ぴょん子が「ぷぎ~!」みたいな声をあげました)

それからお腹の触診。

「ひょっとして、肥満ってことはないですか?」と私。

「肥満ってことはないですけど、ややぽっちゃりぐらいですね。」と先生。

ほっε= (*^o^*) 安心しました。

ここまで終わったら、一旦ぴょん子をキャリーに戻し

「それでは、細かい健康診断の前に、ギョウ虫の治療をまずしましょう」と先生。

「あの~、本当にギョウ虫かどうか確認されなくていいんですか?」と私。

「前にお電話した時に、現物はいらないから、写真を持って来てと言われたので
 持ってきましたけど・・・・」

と言って、デジカメ写真を見てもらい、

「あぁ、間違いなくギョウ虫ですね」と先生。

飼い主の「ギョウ虫がいます」の言葉だけで、ギョウ虫の治療を始めようとしちゃうって

この先生、慌てん坊さんかもしれません。(^_^;)

すぐに虫下しの薬の用意をし、ぴょん子を再び診療台の上に乗せ

先生がシリンジでぴょん子のお口に薬をチューっと入れてきます。

ぴょん子が舌をペロリペロリと動かしているようです。

(んっ? この薬おいしいのかな?)と思い

「この薬は甘いんですか?」と私。

「苦いです。無理矢理飲ませてるんです」と先生。

苦い薬なのにスタッフさんと二人で簡単に飲ませてしまう手際はお見事です。

「1週間後にまた薬を飲ませて、それで何も出なかったら終わりですし、
 まだ出るようならまた1週間後に薬を飲ませます。
 取りあえず1週間後にまた来てください」

という先生からの説明で診察終了。

診察室に入ってからここまで、う~ん、5分ぐらいだったでしょうか。

とにかくテキパキ、テキパキ、チャッチャと済ませる仕事キッチリ派の先生でした。

ぴょん子にしてみれば、無理矢理目や口を開けられ、苦い薬を飲まされて

こんなところ1秒でも早く出ていきたいと思ってるでしょうから、

そういう意味ではうさぎ思いの病院なのかもしれません。

こちらは病院から帰ってきてすぐの映像ですが、ぴょん子が細かく震えてます。

揺れてますって感じかな?



1時間もしたらいつものぴょん子に戻り、しかし、いつも以上に牧草をよく食べていました。

今日からペレットが5g減ったからかな?


さて、現在朝の6時40分です。

虫下しの薬を飲んでから20時間ぐらいが過ぎましたが

まだ全然ムシが出てきてません。

ネットで調べてみますと「こんなにもいたんか~!」ってぐらい出てくる

って書いている人もいましたので、ちょっとビビリながら待っていたんですが

なぜか全く出てきてません。

春には一日3匹ぐらい出てきていたのが、最近はめっきり顔を出さなくなってはいますが、

体調によっては出ないこともあり春・秋に出やすいってことなので

まだお腹の中にはギョウ虫さんがいるはずなんですけどねぇ。

もうちょっと様子を見ようと思います。

やっちもうた~!

一昨日の話なんですが、ぴょん子部屋を含めた2階の部屋の掃除をしていました。

昔は住人が4人もいた2階ですが、今や私だけとなってしまい

2階の部屋の掃除は私の担当となっています。

最初にぴょん子部屋を掃除し、やはり掃除機はうるさいようで、

トンネルハウスに隠れていたぴょん子に「ごめんね」と一声掛けて

おでこをナデナデし、次の部屋の掃除に移りました。

~ 15分経過 ~

洗っておいたぴょん子のトイレを持って、ぴょん子部屋に戻ってみますと

なぜか部屋の真ん中にぴょん子がちょこん。

工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工

慌ててぴょん子と鬼ごっこ。

最近は捕まえることが難しくなり、ぴょん子がケージに逃げ込むように

戻って行きました。

すぐに、ぴょん子が齧ってしまったものはないかチェックしましたが、

そこはお利口さんのぴょん子。

電化製品のコード類も、木製の本棚も、何の被害もありませんでした。

おそらく齧ったとすれば、大好きなカーペットを齧っていたことでしょう。

それにしても、私、これやっちゃうの2回目なんですよね。

ケージの扉が完全に閉まってなかったために、ぴょん子が押して出てきた

ってことなんでしょうが、KAWAI(ケージのメーカー)の作りが雑だということも

多少ありますが、私の注意力の問題なんでしょうね。

私って、こういうポカをしやすい人間なんです。

おそらく、またいつかやっちゃうような気がするんですが、

わざわざ鍵になるようなものを付けるのも、開け閉めが面倒になりますし、

(ナデナデをよくするので、扉を開ける機会が多いんです)

かと言って、次回も被害無しで収まる保証もないですし、

う~ん、ナスカンのようなものでも付けるしかないかなぁ。


ところで昨日のへやんぽでの話ですが、ぴょん子のカクカクを恐れて

ぴょん子が私の手にまとわりついてきたら、手を引っ込めるようにしてました。

すると、珍しく、と言うか初めて、私の足に興味を持ったようで・・・・


クンクン・・・

ぴょん子130904_01


クンクン・・・

ぴょん子130904_07


行ったり・・・

ぴょん子130904_02


来たり・・・

ぴょん子130904_03


間をすり抜け・・・

ぴょん子130904_06


ジャーンプ!

ぴょん子130904_08


もひとつジャーンプ!

ぴょん子130904_04


ふぅ~、楽しかった。

ぴょん子130904_05



足は、手ほど魅力がなかったのか、カクカクはありませんでした。(^▽^;)
プロフィール

Author:山口よしお
名古屋在住のおじさんです。

【当ブログの主役】
 名前:ぴょん子
 種類:ネザーランドドワーフ
 性別:♀
 カラー:オレンジ
 誕生日:2013年2月12日

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR